CAMP

【穴場】オロウエン大滝キャンプ場

こんにちは、介護が必要な方でも楽しめるキャンプ場を作るが夢であるにっしーです。

今回はオロウエン大滝キャンプ場に行ってまいりました。

オロウエン大滝キャンプ場とは

オーナー1人でキャンプ場を管理している個人経営のキャンプ場。オーナー自ら切り開いた白樺林が程よい日除けになり、また木々の間から入る日差しが気持ちいい。

薪割しているオーナーと隣で寝ている大きい犬を見て「アルムおんじ」と「ヨーゼフ」を思い出したのは内緒です。めっちゃ雰囲気が似ています。

基本情報

公式サイトがなかったのでガイドブックを参考にお伝えします。

【基本情報】
住所:北海道伊達市大滝区豊里
TEL:011-855-4524
営業期間:5月上旬~10月末(予定)
定休日:月・火・水・木曜休み ※8月は無休(TELで要確認)
チェックイン/ アウト:10:00~17:00 / (チェックアウトは指定なし)
料金:大人900円、小学生以上600円、幼児300円
販売:薪 500円/束(薪の持ち込み不可)
予約:予約不要

【マップ】

初めて行く場合は道に迷う可能性が高いので時間に余裕をもって行かれると良いと思います。私は迷い何度か往復しました・・・。ナビが当てにならないのでしっかりと周りをみながらキャンプ場がありそうな雰囲気の方向に進みましょう!(笑)

ガイドブックに「キャンピングカー・外車禁止」と書いてありましたが、車幅の問題かと思います。車高を低く調整した車や車幅の大きなワンボックスカーはキャンプ場入り口にある橋が渡れない可能性があります。

オロウエンルールについて

管理棟前にある案内版。オーナーの思いが伝わる内容です。

なのでしっかりとブログでお伝えします!

焚火台はメッシュタイプやsnowpeakの焚火台は使用できません。小型(脚の高さが20cm以下)の焚火台も使用不可。ユニフレームの焚火台くらいの高さがあればOK。地面と焚火台底面までの高さがしっかりと保たれており、かつ炭や灰が地面に落ちない構造であることが重要ということですね。

芝への影響や火災の恐れがあるため、オーナーも強く訴えておりました。

私が今回持ってきた焚火台は「UCOフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」で地面から焚火台底面までの高さが15cm程度しかないため、スパッタシート(耐熱シート)を地面に敷いても使用できないかなと思い、実際にオーナーにも確認してもらいました。

「基本、ソロ用の焚火台は全てダメ」

(T_T)

「そこに置いてあるブロック持って行っていいからその上で使うならいいよ」

何でもかんでもダメってわけではなく、しっかりと対策すればいいよということで口調は強くても優しいオーナーでした。

薪は受付時に購入したものしか使えないので購入希望を伝えたところ

「薪持ってきているんでしょ?いいよ、自分の使って」

とコッソリ?と持ち込み薪の使用許可頂きました。ありがとうございます!

でも、後から薪を購入にきたお客さんに対しては

「受付の時に事前に購入することが決まっているからその時に買わないとダメ。そうしないと次から次へと薪を買いに来る人が居て休む暇なくなっちゃうから。ルールだから。」

とピシャリと断っていました。

オーナーひとりで運営しているわけでごもっともです・・・。

最近のキャンプブームに伴い、キャンパーのマナーの悪さについて話されており、自分の行動も改めて見直さないと感じました。

キャンプサイトの様子

小川張りがしたくてキャプテンスタッグのタープ延長ベルト買いました。タープ張るのも慣れてきた。そろそろ大きいサイズのタープデビューしたい。

タープをひとりで綺麗に張れたら一人前みないな謎の思い込みがあります。

白樺林の間にテント張ると雰囲気がでていいですね。

奥の方まで利用可能ですが、蜂やアブ、ブヨがめっちゃ飛んでいて虫が苦手な方は山奥に行かない方が無難です。

設備・バリアフリーについて

男性用、女性用と各1つずつトイレあり。土足厳禁で靴を脱いであがるのですが、キャンプ場のトイレとは思えないくらい綺麗で虫がいない。家のトイレで用足している気分です。

炊事場。手洗い石鹸もついていたりと細かいところに気遣いあり。写真左側にあるホースが繋がった蛇口付近にコンロや網を洗う場所があります。

もともとは農地だったらしく、平面な場所もありますが、ボコボコしている場所もあるので足を取られないようしっかりとした靴を履いてくることをおすすめします。荷物運搬は車横付けできるので楽です。利用料金払えば車中泊もOK。

緊急連絡先

最寄りの医療機関は伊達赤十字病院。僻地であり、場所的には遠いです。

周辺観光地

キャンプ場内に入浴施設はなく、最寄りは北湯沢温泉郷または留寿都温泉があります。食材を買うお店も近くにはないため予め買っておくとよいと思います。

にっしー評価(★5段階評価)

【ロケーション】★★★★

周辺は木々に囲まれており緑が豊か

【清潔度】★★★★

トイレや炊事場はオーナー自ら手入れされている

【アウトドア感】★★★★

外灯がなく夜は真っ暗になるため焚火やランタンの灯りが落ち着く

【バリアフリー】★★

山中で不便さを楽しむため緊急時は不安

【総評】★★★★

繁忙期である7~8月でもキャンパー同士の距離を保ちながら楽しめるキャンプ場。ソロもいける。

おわりに

オーナー個人が切り開いた個人経営のキャンプ場。

土日で混み合うシーズンではあるも、キャンパー同士が距離を保てるキャンプ場でゆっくり楽しみたい方には穴場かと思います。

ちょっと怖い雰囲気のオーナーさんですが、キャンプマナーについて教えてくれたり、気さくに周りのキャンパーに話しかけてくれたりとアットホームな感じがリピートしたくなるキャンプ場でした。